« 新種のウイルス、感染拡大!株式会社リトルグローブのアクション映画. | トップページ | グッドスピード、メイソン、ハメル、男たちの詩!株式会社リトルグローブのアクション大作! »

2011年1月11日 (火)

ギャングvs警察!男たちの闘いを描いた、株式会社リトルグローブのドラマチックシネマ。

こんにちは。株式会社リトルグローブです。

今日株式会社リトルグローブが紹介するアクション映画は、「アンタッチャブル」です。

「アンタッチャブル」と呼ばれた男たち

 やはりアル・カポネ率いるギャングは巨大な組織で、エリオット・ネスの力だけではどうしても太刀打ちできません。というのも警察の上層部とアル・カポネは繋がっているんですよねぇ。これだけでアル・カポネの力とテリトリーの広さが伺えます。
 そんなアル・カポネと戦うべく、仲間を集めるのです。まず初老の警官ジミー・マローン(ショーン・コネリー)、彼の経験と知識は必要不可欠だったんですねっ。本作でショーン・コネリーはアカデミー助演男優賞を受賞していますが、ほんとに素晴らしい演技を魅せてくれています。高齢ではありますが、エリオット・ネスにとって必要不可欠の人材だと感じました。

 そしてアル・カポネの手が届いていない警察学校から、まだ警察官になる前の優秀な若者ジョージ・ストーン(アンディ・ガルシア)をスカウト。あとさらに本省から派遣されたオスカー・ウォレス(チャールズ・マーティン・スミス)が加わり、この4人は“アンタッチャブル"(手出しのできぬ奴ら)と呼ばれるんです。アンディ・ガルシアは若いですよねぇ。銃には自信があるということで、これがラストで効いています。とってもかっこいいです

 【 ストーリー・あらすじ 】

 30年代のシカゴ。財務省の特別調査官エリオット・ネス(ケビン・コスナー)は、ギャングに宣戦布告した。絶対買収されないという意味から「アンタッチャブル」と呼ばれるネスたちが、アル・カポネ(ロバート・デ・ニーロ)に挑んでいく。
 アメリカの歴史を根底から揺り動かすことになった、エリオット・ネスとアル・カポネの戦いを、ケビン・コスナーとロバート・デ・ニーロという両雄を得て再現。禁酒法時代のアメリカで、大いなる理想に燃え巨悪に敢然と挑んだ男たちを描いたドラマチック大作である。監督は『スカーフェイス』のブライアン・デ・パルマ。ネスを助けるベテラン警官役のショーン・コネリーが、アカデミー助演男優賞を受賞した。血と涙の凄絶なバイオレンスで彩られた、男のロマンティシズムへの賛歌だ。

とても有名な作品なので鑑賞されている方は結構いると思います。ギャング映画ということで、おそらく女性の方よりも男性の方のほうが鑑賞されているでしょう。株式会社リトルグローブでも、圧倒的に知名度が高かったのは男性でした。

« 新種のウイルス、感染拡大!株式会社リトルグローブのアクション映画. | トップページ | グッドスピード、メイソン、ハメル、男たちの詩!株式会社リトルグローブのアクション大作! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1442213/38427457

この記事へのトラックバック一覧です: ギャングvs警察!男たちの闘いを描いた、株式会社リトルグローブのドラマチックシネマ。:

« 新種のウイルス、感染拡大!株式会社リトルグローブのアクション映画. | トップページ | グッドスピード、メイソン、ハメル、男たちの詩!株式会社リトルグローブのアクション大作! »