« 大切なものは何か。株式会社リトルグローブと一緒に考えてみませんか? | トップページ | 株式会社リトルグローブの推理映画第1位は?! »

2011年4月 1日 (金)

詩的で夢幻的なタッチで描いた傑作を株式会社リトルグローブが紹介します。

こんにちは。株式会社リトルグローブです。

みなさんお疲れ様です!

今日もおすすめ映画ご紹介していきますよ~!

今回紹介するのは、「シザーハンズ」です。

両手がハサミの人造人間が街で巻き起こす騒動と、彼と少女との恋を描くSFフアンタジー。エグゼクティヴ・プロデューサーはリチャード・ハシモト、製作はデニーズ・ディ・ノヴィと監督も兼ねる「バットマン(1989)」のティム・バートン、バートンとキャロライン・トンプソンの原案をトンプソンか脚本に執筆、撮影はステファン・チャプスキー、音楽はリチャード・エルフマンが担当。出例はジョニー・デップ、ウィノナ・ライダーほか。

あらすじ

雪嵐の降る町。お祖母さんが孫娘をベッドに寝かしつけている。孫は『どうして雪が降るの?』と聞くと、祖母はその問に答えて話し始める。「あの窓から見える山の上の屋敷に老発明家(ヴィンセント・プライス)が住んでいた。彼は人間を作るのにも成功し、その人造人間はエドワードといって、両手はハサミのままだった…。

小さな町に住むボッグス一家は、夫ビル(アラン・アーキン)、妻ペグ(ダイアン・ウィースト)、高校生キム(ウィノナ・ライダー)、小学生ケヴィンの4人暮らし。ペグは化粧品のセールスをしてるが、新規開拓にと山の上の屋敷を訪ね、そこで出会ったエドワード(ジョニー・デップ)を途端に気に入り、家へ連れ帰る。

両手のハサミを最初は持て余していたエドワードだったが、ある時ハサミで庭木を美しく動物の形に刈り取る。続いて近所の犬の毛や、奥さん連中の髪もモダンにカット。エドワードは近所の人気者になる。

一方、キャンプに行って不在だったキム(ウィノナ・ライダー)が家に帰って来るが、最初はエドワードを毛嫌いする。キムのBFジム(アンソニー・マイケル・ホール)は、エドワードを使って父親の金を盗ませようとするが、金庫の警報装置が働き、エドワードは警官に取り押えられる。彼はキムのことを気遣って一切弁明しない。

この事件から周囲の人はエドワードを避けるようになった。クリスマスが近づいた夜、エドワードは氷で天使の彫刻をしていると、削った氷が雪のように舞う。その雪の中、キムは踊りを踊るが、エドワードに近づいた時にジムが声をかけ、キムは手をハサミで傷つけられる。

心配するエドワードをジムは脅し、追い出してしまう。ジムが許せなくなったキムは絶交を言い渡す。

一見寄り付かせない見た目をしたエドワード。しかしハサミである両手を利用して、町のみんなから大人気になったのです。

庭にある植木などのカットを頼まれたり、町のみんなの髪の毛をカットし、おまけにペットまでの散髪まで行ったのです。エドワードのカットは芸術的ですねっ。

いろんな形の植木や、エドワードのカットする姿はとてもファンタジーで印象に残りました。

« 大切なものは何か。株式会社リトルグローブと一緒に考えてみませんか? | トップページ | 株式会社リトルグローブの推理映画第1位は?! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1442213/39446494

この記事へのトラックバック一覧です: 詩的で夢幻的なタッチで描いた傑作を株式会社リトルグローブが紹介します。:

« 大切なものは何か。株式会社リトルグローブと一緒に考えてみませんか? | トップページ | 株式会社リトルグローブの推理映画第1位は?! »