« 愛の物語に株式会社リトルグローブは燃えました | トップページ | ジム・モリソンの半生を描いた映画。株式会社リトルグローブが語ります。 »

2011年4月18日 (月)

株式会社リトルグローブは一番大切なことを再確認しました。

こんにちは。株式会社リトルグローブです。

みなさんお疲れ様です!

今日、株式会社リトルグローブが紹介する映画は、「最高の人生の見つけ方」です。

タージマハル、ピラミッド、ヒマラヤを周り、レーシングカーでの対決やスカイダイビングにも挑戦し、人生のグランド・フィナーレを豪勢に飾るのは、これが初共演となるジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマン。

言わずと知れた当代切っての名優2人、最高に贅沢な配役である。

彼らはニコルソン演じる富豪エドワードの資金力で次々に“棺おけリスト”をクリアしつつ、かけがえのない友情を築いてゆく。

そして、それぞれが心から求めていたものを見出し、一番大切なことを再確認するのだ。この夢のような冒険譚をコミカルにそつなくまとめ上げたのは、『スタンド・バイ・ミー』『恋人たちの予感』のベテラン監督ロブ・ライナー。

【あらすじ】

46年の間、家族のためにひたすら働いてきた自動車整備工カーター・チェンバース(モーガン・フリーマン)。

彼は学生時代、哲学の教授から勧められ“棺おけリスト”を作ったことがあった。

それは、自分たちが棺おけに入る前に、やりたいこと、見たいものすべてを書き出したリストのことだった。

とはいえ、カーターの前には現実という壁が立ちはだかった。

結婚、子供、さまざまな責任。

そのうち“棺おけリスト”は、そのチャンスを失ったという苦い思い出と、仕事の合間に時折思い出す程度の空想に変わっていた。

一方、会社を大きくすることに人生のすべてをつぎ込んできた大金持ちの実業家エドワード・コール(ジャック・ニコルソン)。

多忙な人生を過ごしてきた彼は、企業買収や美味しいコーヒーを飲むこと以上に、より深く自分が求めているものについて考えることさえできなかった。

対照的な人生を歩んできた、出会うはずのない二人。

しかし彼らは、ガンで余命6ヶ月と宣告され、病院のベッドで隣り合わせたことから、人生の最後を共に過ごす仲間となる。

ベッドの上でカーターが取り出した“棺おけリスト”。

そこにカーターは「荘厳な景色を見る」、「赤の他人に親切にする」、「涙が出るほど笑う」と記した。

それを見たエドワードは「スカイダイビングをする」、「マスタングを乗り回す」、「ライオン狩りをする」、「世界一の美女にキスをする」と付け加える。

こうして、病院を飛び出した二人の生涯最後の冒険旅行が始まる。

タージマハルから野生の楽園セレンゲティ、最高級のレストランからいかがわしいタトゥーショップ、レースカーのコックピットからスカイダイビング用の小型機まで。

ひとつまたひとつとリストを埋めていく中で、二人は生きる上で直面する様々な疑問に取り組むことになる。

がて、二人は気づかないうちに生涯の友になっていくのだった……。

難しすぎず、軽すぎないアメリカ映画の奥の深さを改めて感じました。

普通に楽しい映画です。この普通が難しいんだけど、ジャックニコルソンとモーガンフリーマンが、普通にやっていてさすがでした。

普通でいることの大切さと有難さと、そして幸せであることを実感させてくれる素晴らしい映画です。

« 愛の物語に株式会社リトルグローブは燃えました | トップページ | ジム・モリソンの半生を描いた映画。株式会社リトルグローブが語ります。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1442213/39657200

この記事へのトラックバック一覧です: 株式会社リトルグローブは一番大切なことを再確認しました。:

« 愛の物語に株式会社リトルグローブは燃えました | トップページ | ジム・モリソンの半生を描いた映画。株式会社リトルグローブが語ります。 »