« ジム・モリソンの半生を描いた映画。株式会社リトルグローブが語ります。 | トップページ | 株式会社リトルグローブの人生は短い、だから先延ばしにしない。 »

2011年4月20日 (水)

株式会社リトルグローブは、かっこいい赤ちゃんが好きです。

こんにちは。株式会社リトルグローブです。

今日、株式会社リトルグローブが紹介する映画は、「ベイビー・トーク」です。

母親の恋の行方を、赤ん坊の考えを通して描くコメディ・ドラマ。

製作はジョナサン・D・クレイン、監督・脚本は「初体験 リッジモント・ハイ」のエイミー・ヘッカリング、撮影はトーマス・デル・ルース、音楽はデイヴィッド・キティが担当。

出演はジョン・トラヴォルタ、カースティ・アレイほか。声の出演はブルース・ウィリス。

【あらすじ】

得意先の会社社長アルバート(ジョージ・シーガル)の子供を身ごもった公認会計士のモリー(カースティ・アレイ)は、妻と離婚すると言っておきながら他の若い女とつきあっているアルバートに愛想をつかし1人で子供を生むことを決意する。

ところが陣痛が始まった時、モリーは交通渋滞で立ち往生し、タクシーの運転手ジェームズ(ジョン・トラヴォルタ)を巻き込んだ大騒ぎの末に、彼女は無事男児を出産する。

赤ん坊はマイキー(声=ブルース・ウィリス)と名付けられ、祖母のロージー(オリンピア・デュカキス)にも可愛がられるが、モリーは赤ん坊にふさわしい父親探しに頭を悩ませていた。

そんなある日、ジェームズが姿を現わす。彼女の住所を利用して父のビニー(エイブ・ヴィゴーダ)を市内の老人ホームヘ移そうとしているジェームズに、モリーは週末のベビーシッターの約束を取り交わす。

こうしてジェームズとマイキーの奇妙な友情が始まった。

ある日ジェームズは、モリーとマイキーを老人ホームヘ連れて行く。幼いマイキーの姿に、ビニーの心も和むのだった。

一方モリーは、父親探しを始めるが、いっこうにふさわしい相手にめぐり逢わない。

やがてジェームズとモリーは、お互いに淡い恋心を抱きあうようになる。

そんな時、マイキー見たさにアルバートがモリーのアパートにやって来て、何も知らないジェームズと喧嘩する。

そして間もなく、アルバートを訪ねたモリーは、彼が昔のままの身勝手で、マイキーもなつかないのに気づき、この関係を見限った。

数日後、老人ホームからビニーのことで連絡をうけたジェームズとモリーはホームを訪ね説得するが、その隙にマイキーがどこかに歩き去った。

ジェームズとモリーは、慌ててマイキーを追いかけ、車が行きかう雑踏の中で、ジェームズはマイキーを助け出ず。

その時、ジェームズとモリーの間も、固い愛で結ばれるのだった。

こんなに子どもと一緒に楽しんでくれるパパがいるんだと思いました。
勿論赤ちゃん目線の会話も大好きです。

アメリカでは1億ドル越すほどの大ヒットをしたらしいのですが、内容はほのぼの系のコメディですね♪
トラボルタと赤ちゃんのマイキーの掛け合いが実に楽しいです!二人のダンスシーンもお見事!おまけにトラボルタがまたうまい(笑)
そしてトラボルタの踊りといえばやはりあの映画!テーマ曲は流れるのにトラボルタが出ないのは非常に残念!
マイキーの声はブルース・ウィリスが声優なんですね!エンドクレジットも笑わせてもらいました(^^)

« ジム・モリソンの半生を描いた映画。株式会社リトルグローブが語ります。 | トップページ | 株式会社リトルグローブの人生は短い、だから先延ばしにしない。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1442213/39683156

この記事へのトラックバック一覧です: 株式会社リトルグローブは、かっこいい赤ちゃんが好きです。:

« ジム・モリソンの半生を描いた映画。株式会社リトルグローブが語ります。 | トップページ | 株式会社リトルグローブの人生は短い、だから先延ばしにしない。 »