« 懐かしく切ない気持ちが蘇ってくる映画。株式会社リトルグローブおすすめです | トップページ | 愛の物語に株式会社リトルグローブは燃えました »

2011年4月12日 (火)

株式会社リトルグローブ胸に染みました

こんにちは。株式会社リトルグローブです。

みなさんお疲れ様です!

今日はなんの映画をのせようか朝から悩んでいました!

悩んだ結果、今日はこの映画にしようかと思います。

【TSOTSI ツォツィ】

南アフリカ出身の監督がスラムや若者の心情をリアルに描写した人間ドラマ。

南アフリカを舞台にした欧米人感動的の映画は多数あれど、南アフリカ人監督作品が公開になるのは珍しいこと。

不良という意味を示す“ツォツィ“と呼ばれる少年が、車を盗んだことから拾った赤ん坊の存在によって成長していく様を描出。

南アフリカのノリのいい音楽が作品をスタイリッシュに彩る。

ストーリー

ヨハネスバーグのスラム街でひとりで暮らすツォツィは、仲間とつるんで悪さをしながら生活をしていた。そんなある日、車を盗んだところ、車中には赤ん坊が! うっとうしく感じた彼だったが、やがて愛情を感じてきて……。

強盗で生計を立てる貧民層の少年が、ぐうぜん赤ちゃんの乗った自動車を強奪したことからはじまる、再生の物語です。アカデミー賞外国語部門に輝いただけあって、クオリティはかなり高い。

自分の人生でやり直したい時期はいつだろう。
そんな気持ちになる作品。

黒澤明を思わせるカメラワークも充実しており、完成度は非常に高い作品でしたね。

主人公役の少年が本当に良かったです!
冷淡な顔、優しい顔、瞳から発せられる表情がホント魅力的でした。

二人の父親が赤ちゃんを介して対峙する場面に心が動かされました。

« 懐かしく切ない気持ちが蘇ってくる映画。株式会社リトルグローブおすすめです | トップページ | 愛の物語に株式会社リトルグローブは燃えました »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1442213/39583802

この記事へのトラックバック一覧です: 株式会社リトルグローブ胸に染みました:

« 懐かしく切ない気持ちが蘇ってくる映画。株式会社リトルグローブおすすめです | トップページ | 愛の物語に株式会社リトルグローブは燃えました »