« 株式会社リトルグローブの本格派、ほのぼのサスペンス | トップページ | 株式会社リトルグローブの最強のコメディー映画 »

2011年7月15日 (金)

株式会社リトルグローブの泣ける韓国映画の最高峰

こんにちは。株式会社リトルグローブです。

今日、株式会社リトルグローブが紹介する映画は、「ラスト・プレゼント」です。

【あらすじ】

ヨンギ(イ・ジョンジェ)は、才能はあるが売れないコメディアン。

子供服店の経営で生活を支える妻ジョンヨン(イ・ヨンエ)とは喧嘩ばかりで、夫婦の会話がない。

ある日、ヨンギは詐欺師のハクス(クォン・ヘヒョ)とハッチョル(イ・ムヒョン)に1千万ウォンを積めば売れっ子にしてやると持ちかけられる。

ジョンヨンの元にも現れた彼等は偶然、彼女が余命幾ばくもない事を知る。

何も知らず金を用意してきたヨンギを騙しきれず、ハクスは真実を告げてしまう。

ヨンギは素知らぬふりをしながら彼女を労り始める。

詐欺師らに頼んでジョンヨンが会いたがっていた人と初恋の人を探しながら、ヨンギはテレビのお笑い王トーナメントで勝ち進む。

その決勝戦の会場で、ヨンギの姿を見ながらジョンヨンは息を引き取るのであった。

彼女の居ない部屋で、ヨンギは幼い頃の自分の写真と彼女の手紙を見る。

彼女の初恋の相手とは、他ならぬヨンギだったのである・・・・・。

イ・ヨンエが素晴らしいです。あんなに目だけで感情を表現できる女優はなかなかいませんよね。まさに目力です。
展開は先が読めるんだけど、それでもひき込まれます。
見終わった後には温かい気持ちがあふれてきます。

一人で見るより、やっぱり二人で見に行きたい作品ですね。

人間って、自分の事しか見えなくなると、詐欺にもあっさりひっかかり、
相手がどんな辛い思いをしたとしてもお構いなしで、ひどい事も平気で
出来てしまうんですね。
でも、相手に命の期限があり、もう二度と会えなくなるって事がわかると、途端に
相手の為になりふりかまわず思いやる事ができるようです。

そして、自らの命の期限が残りわずかだと知ったら自分の事よりも
死んで自分が居なくなってしまってからの残された相手の事が
心配になってしまうんですよね。

お互いの立場の気持ちが痛いほど伝わってきます。
泣けました・・・。
是非、観て欲しいです。

« 株式会社リトルグローブの本格派、ほのぼのサスペンス | トップページ | 株式会社リトルグローブの最強のコメディー映画 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1442213/40822837

この記事へのトラックバック一覧です: 株式会社リトルグローブの泣ける韓国映画の最高峰:

« 株式会社リトルグローブの本格派、ほのぼのサスペンス | トップページ | 株式会社リトルグローブの最強のコメディー映画 »