« オーストラリア発のヒューマン・ドラマ | トップページ | 現代版シンデレラ・ストーリー! »

2011年8月11日 (木)

ランナウェイ~♪ と~ても好きさ~♪

こんにちは、リトルグローブです!

ランナウェイ~♪ と~ても好きさ~♪

昨日、シャネルズの「ランナウェイ」を久しぶりに聴いたら、「ランナウェイ」という映画を思い出したので今日はその作品を紹介したいと思いますsun

ランナウェイ

Photo

あらすじ
詐欺師のフランクは落ち目のTVリポーター、ジェームズに取材を申し込まれるが、日頃の行いが災いしてその場で逮捕されてしまう。護送される途中、世界的凶悪犯の脱走に巻き込まれた彼は、ロサンゼルス警察と密輸犯の双方から追われるハメに。何とか身の潔白を証明しようと考えたフランクは、ジェームズに協力を要請するが・・・

クリス・タッカーとチャーリー・シーンのコンビはぴったしだと思いました。
なぜか絵的にもがっちし合ってるしね。

王道でもあり、逆に特徴のない作品でもあるんですが、
そこに良くも悪くもスパイスを加えてるのがクリス・タッカー

映画でのジェームズ(クリス・タッカー)はテンション高くておもしろかったです。
クリス・タッカーの魅力、「」。
白くてデカイ。とにかくデカスギルw
もう飛び出そうなくらい、すげーデカイ。漫画のようにデカイ。
CGで合成してるようにしか見えないくらい、デカイ。

表情もおどけているように見えて何だか、何をしても憎めない不思議なキャラだと思います。
クリス・タッカーの魅力が、良く出ている作品だと思いました。

リトルグローブは、シャネルズの「ランナウェイ」も、映画の「ランナウェイ」も、どちらも大好きですflair

« オーストラリア発のヒューマン・ドラマ | トップページ | 現代版シンデレラ・ストーリー! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1442213/41167992

この記事へのトラックバック一覧です: ランナウェイ~♪ と~ても好きさ~♪:

« オーストラリア発のヒューマン・ドラマ | トップページ | 現代版シンデレラ・ストーリー! »