« 生きる力を与えてくれます | トップページ | ランナウェイ~♪ と~ても好きさ~♪ »

2011年8月10日 (水)

オーストラリア発のヒューマン・ドラマ

こんにちは、リトルグローブです!

今日は、実話に基づいた映画をご紹介します。

月のひつじ

Photo

あらすじ
オーストラリアの田舎町にある巨大アンテナが、1969年の7月、アポロ11号の月面歩行の映像を受信する任務を受けることに。地元の人々は大いに沸き立つが、アンテナの内部で働く科学者4人は次々とトラブルに見舞われ……。

実話に基づいたオーストラリア発のヒューマン・ドラマです。

羊さんは背景にしか登場してこないんですけど(笑)
のんびりしたものを連想させるし、「月」がついててちょっとロマンチックだし、どんなお話だろうと興味がわいて、とても良いタイトルだとリトルグローブは思います。

実際に、当時アポロの月面着陸を(TVで)見守っていた気分になりました。
アームストロング船長の言葉なんて涙モノ・・・!

見終わった後、月旅行をしたような、オーストラリア旅行したような、何とも言えない気持ちになってました。

オーストラリアの広大で素朴な風景、全編にちりばめられたユーモア。
見ているうちに無防備になり、気がついた時には、この田舎町での騒動を見守り、固唾を飲んで、応援している自分がそこにいました。
そして見終わった後に残る、不思議な爽快感。
ほのぼのとした佳作。
そんな言葉が似合う映画です。

« 生きる力を与えてくれます | トップページ | ランナウェイ~♪ と~ても好きさ~♪ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1442213/41155286

この記事へのトラックバック一覧です: オーストラリア発のヒューマン・ドラマ:

« 生きる力を与えてくれます | トップページ | ランナウェイ~♪ と~ても好きさ~♪ »