« おひとりさまバカンスの過ごし方 | トップページ

2011年9月 2日 (金)

日々を大切にしたくなる映画

こんにちは、リトルグローブです。

今日はもう金曜日。一週間て早いものですね。

気付けばもう9月。

この前年明けしたばかりかと思えば、もう秋ですmaple

1日1日を大切に過ごしていかなければいけないな~と思うリトルグローブです。

今日はそんな、『日々を大切にしたくなる』映画をご紹介します(。・ω・)ノ

クレアモントホテル

Photo

ダン・アイアランド監督、108分 、2010年12月4日公開

ロンドンのホテルを舞台に、老婦人と青年の心温まる交流を情感豊かに描いた珠玉のヒューマンドラマ。

あらすじ
ロンドンの街角にある長期滞在型のホテル「クレアモント」では、人生の終着点に近づいた人たちが暮らしていた。
それぞれに孤独ながらも遊び心を忘れない滞在客たちの一人、パルフリー夫人(ジョーン・プロウライト)は、ある日、小説家志望の青年ルード(ルパート・フレンド)に孫のふりをしてほしいと頼む。

クレアモントホテル” は、ロンドンの街角にある質素なホテル。
長期滞在型のこのホテルには、人生の終着駅に近づいた人たちが、引き寄せられるように集まってきます。

しかし、ホテルに長期滞在するのは、個性的な人ばかり。

「セックス・アンド・ザ・シティ」を楽しみにしている老婦人がいたり、
「ここは、ご臨終・禁止ホテル」と銘打つ彼らは、ユーモアやウィットを忘れません。

1人1人が食事をとるシーンは、どこか孤独で寂寥感が漂いますが、
彼らの背中は、これまで生きてきた深い人生を物語ります。

本作は、この世の全ての母と、全ての祖母に捧げられた物語。

「今までは、誰かの娘として、誰かの妻として、誰かの母として生きてきたけど、
 残りの人生は、自分として生きたい」

老いという現実は、時として厳しく、切ないもの。
それでも彼女たちは皆、前を向いて生きているように見えます。

Photo_2

そして、作家志望の好青年ルードヴィック・メイヤー(ルパート・フレンド)との出会い。

母の失望というコンプレックスを背負いながら生きてきた青年。
そして、人間関係を築くのが苦手だった青年は、夫人から人生の奥深さを知ります。


そして、日々の一瞬一瞬を大切にすれば、
人との出会いや美しい思い出は、いつまでも心に刻まれ、
死ぬまで、前を向いて生き続けることができる。

人生の終着駅に近づいても、希望の灯は絶えることはありません。

珠玉の名作に、多々、心が洗われる思いでした。

« おひとりさまバカンスの過ごし方 | トップページ

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1442213/41468120

この記事へのトラックバック一覧です: 日々を大切にしたくなる映画:

« おひとりさまバカンスの過ごし方 | トップページ