映画・テレビ

2011年9月 2日 (金)

日々を大切にしたくなる映画

こんにちは、リトルグローブです。

今日はもう金曜日。一週間て早いものですね。

気付けばもう9月。

この前年明けしたばかりかと思えば、もう秋ですmaple

1日1日を大切に過ごしていかなければいけないな~と思うリトルグローブです。

今日はそんな、『日々を大切にしたくなる』映画をご紹介します(。・ω・)ノ

クレアモントホテル

Photo

ダン・アイアランド監督、108分 、2010年12月4日公開

ロンドンのホテルを舞台に、老婦人と青年の心温まる交流を情感豊かに描いた珠玉のヒューマンドラマ。

あらすじ
ロンドンの街角にある長期滞在型のホテル「クレアモント」では、人生の終着点に近づいた人たちが暮らしていた。
それぞれに孤独ながらも遊び心を忘れない滞在客たちの一人、パルフリー夫人(ジョーン・プロウライト)は、ある日、小説家志望の青年ルード(ルパート・フレンド)に孫のふりをしてほしいと頼む。

クレアモントホテル” は、ロンドンの街角にある質素なホテル。
長期滞在型のこのホテルには、人生の終着駅に近づいた人たちが、引き寄せられるように集まってきます。

しかし、ホテルに長期滞在するのは、個性的な人ばかり。

「セックス・アンド・ザ・シティ」を楽しみにしている老婦人がいたり、
「ここは、ご臨終・禁止ホテル」と銘打つ彼らは、ユーモアやウィットを忘れません。

1人1人が食事をとるシーンは、どこか孤独で寂寥感が漂いますが、
彼らの背中は、これまで生きてきた深い人生を物語ります。

本作は、この世の全ての母と、全ての祖母に捧げられた物語。

「今までは、誰かの娘として、誰かの妻として、誰かの母として生きてきたけど、
 残りの人生は、自分として生きたい」

老いという現実は、時として厳しく、切ないもの。
それでも彼女たちは皆、前を向いて生きているように見えます。

Photo_2

そして、作家志望の好青年ルードヴィック・メイヤー(ルパート・フレンド)との出会い。

母の失望というコンプレックスを背負いながら生きてきた青年。
そして、人間関係を築くのが苦手だった青年は、夫人から人生の奥深さを知ります。


そして、日々の一瞬一瞬を大切にすれば、
人との出会いや美しい思い出は、いつまでも心に刻まれ、
死ぬまで、前を向いて生き続けることができる。

人生の終着駅に近づいても、希望の灯は絶えることはありません。

珠玉の名作に、多々、心が洗われる思いでした。

2011年9月 1日 (木)

おひとりさまバカンスの過ごし方

こんにちは、リトルグローブです。

昨日は少し寝るのが遅くなってしまいました(ノ_-。)sleepy

今日は早めに寝ようと思います!

睡眠って大事ですよね( ´・ω・`)

今日もおすすめの映画を紹介していきたいと思います!

緑の光線

Photo

あらすじ
独りぼっちのヴァカンスを何とか実りあるものにしようとする若い女性の旅を、優しい南仏の光に包まれる幸福を観る者にも味わわせながら、おっとりと軽妙に語っていく。

恋に恋する彼女の理想は高く、昔からの男友達も、新たに現われた男性もなんとなく拒んでしまうデルフィーヌ。
そんな彼女の今年のヴァカンスは女友達と二人でシェルブールへ。
でも、なぜか独りで海を見つめるばかり…

フランス人のバカンスの過ごし方、リゾート地域の整備のよさなど、メインテーマ以外にもいろいろ参考になります。
ヨーロッパの夏の雰囲気が実感できます。
適度に暑く、やわらかい光に満たされ、午後から遅い日没まで時間がゆったり流れていく。
さらに、最後のシンボリックな場面を予告する、水平線と日没の関係について老学者が仲間にする説明も、みごとに設定されていました。

映画全体が、まるで名画のような美しい構成のもとに置かれています!
ロメール監督の趣味のよさと熟練技。

主要人物以外は素人をつかって、細かい台本もなしで作成したらしいです。
ナチュラルさと、意味深で暗示的な表現がうまくマッチした、エリック・ロメール監督作品。

Photo_2

ただ、若いころに観ていたら、きっとそれほど沁みなかった気がする。
わりと色彩とかオシャレな映画だな~ぐらいで終わっていたかも。

いい歳になった今観て、わかりすぎるくらい解ってしまう、自分が痛い;

シェルブール(フランス北部の港町)から山岳地帯、果ては南仏のビーチまで、ふらりふらりと寄る辺なく漂う姿は、彼女の心の中そのもの。
それでも自分なりになんとか楽しもうとするデルフィーヌが、いじらしくもあり……。

緑の光線。いいタイトル。
デルフィーヌ同様、リトルグローブの心にも一筋の光が突き刺さりました。

2011年8月31日 (水)

絵になる景色と味のある役者たち

リトルグローブです。

晴れの日はどこかに出かけたくなりますね!

最近やたらと水族館に行きたい病です( ̄▽ ̄)

リトルグローブ、水族館大好きなんですpisces

水族館の雰囲気って独特じゃないですか??

それに、薄暗くてちょっと映画館にも似ている気がするし。

どなたか一緒に水族館行きませんか??(笑)

さて、今日もおすすめの映画を紹介していきたいと思います!

サン・ジャックへの道

Photo

 “人生って捨てたもんじゃない”
『女はみんな生きている』のコリーヌ・セロー監督のハートフルなロードムービー。

あらすじ
母親の遺産を相続するため、険悪な仲の3兄弟ピエール(アルチュス・ドゥ・パンゲルン)、クララ(ミュリエル・ロバン)、クロード(ジャン=ピエール・ダルッサン)は、聖地サンティアゴまでの巡礼路を一緒に歩くはめになる。
アラブ系少年やワケありの女性など9人からなる一行は、さまざまな思いを胸に長い旅に出る……。

ユーモアとファンタジーを散りばめて、最後までテンポよく見せる演出よし。
ラテンなのりで味のある役者たちもよし。
そして、乾いているが人情に訴えるような素朴な風景が、ロードムービーに不可欠なポイントをしっかり押さえる。

基本ロードムービー好きの自分にとっても、これは、久々に胸を打った作品です。

Photo_2

何と言っても、この巡礼路の風景の、何と美しいことか!!
この映画の一番の立役者は、この風景に外ならない。
実際に歩くと、2ヶ月はゆうにかかるという、この「聖ヤコブの道」。
いつの日か、何か人生の分岐点に立たされたような時には、自分も是非歩いてみたいと本当に思っています。

作品の終わり方も非常に爽快。何度も繰り返し見たくなるような映画!

この作品は、前に進まないといけないのをわかってはいるけど
道半ばで立ち止まってしまってる人。
もう長い間進むことができていないと自分でも思う人。
そんな人に特におすすすめします。

2011年8月30日 (火)

いくつになっても、恋していたいですね。

こんにちは、リトルグローブです。

先日の、友人の結婚式はお天気にも恵まれ、すごく良い結婚式でした( ^^ )

幸せになってほしいと思いますshine

そんな感じで、まだ結婚式の余韻が残っているリトルグローブなので、今日は素敵なラブストーリーを紹介させていただきたいと思います。

ナビィの恋

Photo

沖縄特有の文化やジャンルを越えた音楽と共に老若男女の恋の思いを夢とも現実とも取れるファンタジー*

あらすじ
沖縄本島から少し離れた粟国島。
奈々子は都会の喧騒に疲れて久しぶりに帰ってきた。
島までの小さな船には一人旅の青年・福之助と伊達な白スーツの老紳士が同乗していた。
そしてその老紳士こそ、60年前に奈々子の祖母ナビィが最も愛していた人だった……。

“私が貴方に惚れたのは、ほんの十九の春でした。今更離縁と言うならば、元の十九にしておくれ・・・”。

ほんのり哀愁を込めた「十九の春」のメロディがいつまでも心に残る、日本映画の名作!

のどかな沖縄の雰囲気が心地いいですね。
作品を通して音楽があふれているんですが、沖縄っぽい感じのはもちろん、バイオリンなんかも交えた一味違ったものもあります。

Photo_2

この映画の中で特に評価したいのが、主演の西田尚美さん。

西田さんはどうしても脇役の印象が強いですよね。

でも、この映画の中ではしっかりと存在感のある演技を見せておられました。

彼女の持つ中世的な部分・爽やかなお色気といったものが、ナナコさんの持つ魅力とうまくはまった感じがします。

この映画、本当に西田さんの代表作といった感じですね。

楽しくて切なくて、けれどすっきりとした気分にさせられました。

ハイビスカスの花が、そして沖縄の青い空が似合う、いい映画でした。

2011年8月19日 (金)

本当に闘った者たちだけが分かること

こんにちは、リトルグローブです。

少し気温が下がってきたようですね。
前より過ごしやすくなりました(゚ー゚)

もうすぐ秋。秋といえばスポーツですか・・・

みなさんは何かスポーツしていますか?

リトルグローブは今年の秋は何かスポーツを始めたいなって思っています。

何をやろうか考え中なんですけど・・・

そんなわけで、今日はスポーツ映画をご紹介したいと思います!

スポーツ映画を観るとやたらと運動したくなりませんか?(`・∞・´)

今日はコーチ・カーターという映画を紹介します!

Photo

高校のバスケット・チームを舞台に教師の苦悩と葛藤を描く感動の人間ドラマ。

あらすじ
スポーツ店を経営するコーチ・カーターは高校時代、伝説のバスケット・ボール選手だった。
ある日、カーターは母校のコーチとなる。
しかし、そのチームは負けてばかりで生活態度もよくない、最悪のチームだった。

実話を元にした無駄の無い脚本で、最初から最後まで飽きることなく楽しめます。

よく出来たいい映画でした。
それぞれのキャラクターにも好感もてましたし。

「スポーツは人間を育てる。」

よく聞く言葉ですが、この映画、重みが違います。
コーチの厳しさの中にある愛情。信念。
それを耐え抜いた部員たちが最後に分かったこと。
やっぱりスポーツはすばらしい。

迫力の試合映像も必見です!

現在悩んでいることがある人に本作を観てもらいたいと思います。

自分で限界なんか作らないで、自由なヴィジョンと行動力で、少しでも前向きになればそれでOKだと思わせてくれる映画が本作です。おススメです。

2011年8月18日 (木)

彼女の父親はまるで悪夢のようだ…

こんにちは、リトルグローブです!

今日はちょっと曇っていて、湿度が高いです。
じめじめ暑くて、なんだか寝苦しかったですね~cloud

さて、今日も映画紹介したいと思います!

今日はミート・ザ・ペアレンツという映画を紹介します( ^ω^ )

Photo

あらすじ
彼女との結婚を認めてもらうため、元CIAの頑固者の父親に気に入られようと奮闘する姿を描いたシチュエーション・コメディ。
シカゴで看護士をしているグレッグは恋人のパムと今すぐにでも結婚したくてしょうがない。
そんな折、パムの妹が結婚することになり、式に出席するためにパムとともにニューヨークの実家へと向かった。
それは結婚を切り出す絶好のチャンスになるはずだった。
しかし、彼を待っていたのはあまりにも手強すぎる相手だった……。

元CIAの頑固親父にデ・ニーロ!
尋常ではない迫力は流石です。
挨拶に行ってあの親父さんが出てきたら、多少たじろぐのも仕方ないかも?

リトルグローブだったらそのまま帰ってしまうかも(笑)

普通に考えたら「有り得ないだろー!」ってぐらいのハプニングがテンポよくどんどん起こっちゃって、それにあたふたするベン・スティラーと冷たい表情のロバート・デ・ニーロ。
純粋に面白かったです。

2人のやりとりというか駆け引きがなんとも可笑しくて笑いっぱなしでした!

ベン扮するグレッグも結構セコいと言うか自業自得なトラブルばっかり起こしちゃうんだけど、なぜか憎めないです。
ベンって本当にこういう役が似合いますね…。配役完璧だと思います!

それにしても、あんなオヤジが義父になろうものならさぞかし大変だろうな…。
自分だったらギブアップしちゃうかもsweat01

2011年8月 5日 (金)

打つなら最後まで振り抜け!!

こんにちは。リトルグローブです。

今日は、「陽だまりのグラウンド」という映画を紹介します。

生きる目的を見失った男が野球と子供たちとの触れ合いを通し、自分を取り戻していく様を描いた感動作。

製作:2001年

監督:ブライアン・ロビンス

【あらすじ】

コナー・オニール(キアヌ・リーヴス)は、ギャンブルにのめり込んで人生を踏み誤った男。借金の取り立てに苦しむ彼は、保険会社に勤める幼なじみのジミー(マイク・マッグローン)を訪ね、借金を申し込む。

そこでジミーが持ち出したのは、週500ドルで 少年野球チームキカンバスのコーチをする仕事だった。

翌日からコーチ稼業を始めたコナーは、学校教師のエリザベス(ダイアン・レイン)らと交流しつつ、シカゴの低所得住宅で生活する子供たちにとって、野球がどれほどかけがえのない楽しみであるかを知っていく。

最初は弱かったキカンバスはやがて連戦連勝を重ねるようになるが、とあるもめ事をきっかけに、コナーは借金の方がついたらコーチを辞任することを口走ってしまい、子供たちとの間に確執ができる。

その夜、コナーはギャンブルで1万2千ドルの賭けに勝つが、彼の心に自分への疑問が生まれる。

激しい葛藤の末、コナーは子供たちの元へ駆け戻った。

分かちがたい絆で結ばれた彼と子供たちだったが、メンバーのGベイビー(ドウェイン・ウォレン)が自宅のアパート付近で発砲事件に巻き込まれて死亡するという悲しい事件が起こる。

しかしそれにより、コナーはますます子供たちに野球を教える決意を固め、葬儀のあと、キカンバスは再び練習を始めるのだった。

ボロ泣きでしたね。涙腺ゆるいなぁ・・・って自分でも思います。

この、ぐうたらしたキアヌ・リーブスがイイ。彼は少年野球のコーチを引き受けます。

ギャンブルで負け続け、お金がなかったからです。
夢も希望も失った大人のキアヌに対し、夢も希望も情熱もある少年達。

これは、ダメな大人が子供達から”生きる喜び”を教わる感動作品です。

誰だって、大人になるにつれて、本当にいろんなモノ(夢や希望)を捨てていくと思うのです。

自分で出来る事、出来ない事、それらの現実が分かってくるから・・・

でも、これを観ればどれだけ落ちぶれた人間であっても、”変われる”、”まだまだやれる”、”人生捨てたもんじゃないじゃないか”、そう思えるのではないでしょうか?
別に落ちぶれてない人だって、”もっと頑張ろう”と思えますよ。

何度観ても泣けてきます。とにかく、思いっきり野球をしている時のみんなの顔は本当に良い顔してますよね☆

リトルグローブも、もっとがんばるように心がけて行きたいと思います。

2011年8月 3日 (水)

すばらしい風景、歩き続ける2人の男の運命は?

こんにちは。株式会社リトルグローブです。

今日は、「ジェリー」という映画を紹介します。

【 ストーリー・あらすじ 】

 荒涼とした砂漠の中で道に迷い放浪し続け、極限に追い込まれていく2人の青年の姿を、「エレファント」のガス・ヴァン・サント監督が独特の詩的映像で静かに追っていく異色ドラマ。出演は「ボーン・アイデンティティー」のマット・デイモンと「200本のたばこ」のケイシー・アフレック。3人は共同で脚本・編集も兼任している。
 

砂漠をドライブする2人の若者。

彼らはその道中、休憩のために車を降りる。

明らかに友人同士と思われる2人。

彼らは何かドジった時、お互いを“ジェリー”と呼び合う。

それは仲間うちの造語らしく、ダサい物事や行為などにも使っていた。

そんな2人はおもむろに、人気のない寂寥感漂う荒野を歩き始める。

散歩のつもりが、やがて道に迷い、いつしか本当に危機的に“ジェリー”な事態に陥る。

それでもはじめはどこか気軽に受け止めて他愛のない会話をしながら歩き続ける2人。

しかしいつまでたってもこの砂漠から抜け出せずにいると、2人もついには事の重大さを自覚し始めるのだが…。

主演はマット・デイモンとケイシー・アフレックの2人。というかこの2人だけの物語です。

ケイシー・アフレックは名前から分かったという人もいるかもしれませんが、ベン・アフレックの弟さんです。
 監督はガス・ヴァン・サント。そして、脚本は監督であるガス・ヴァン・サントに加えて、主演の2人も共同脚本として執筆しています。

すごい映画ですよ。

主演のマット・デイモンとケイシー・アフレックの役名がありません。

お互いをこの映画のタイトルである「ジェリー」という名で呼び合ってます。

ちなみに「ジェリー」とは、「失敗」や「イケてない」ものを意味する仲間内の造語です。

といっても2人とも仲がいいからこそ、そう呼び合ってるんですけどね。

砂漠や高原や岩場を歩き続けるので景色はほんとにきれいです。

あと長時間のワンカット撮影がたくさんあるので、ほんとに長いこと歩いているなぁって伝わってきますし、絶望感みたいなものもすごく伝わってきます。

それにセリフがほとんどありません。

ふとドキュメント番組を観ているのかと株式会社リトルグローブは思ってしましました。

2011年8月 2日 (火)

夏だ!ジョーズを観て涼しくなろう?!

こんにちは。株式会社リトルグローブです。

夏、真っ盛りですがいかがお過ごしですか?

暑い夏を少しでも涼しくすごすには、こんな映画はいかがですか?

今日のオススメ映画は、「ジョーズ」です。

【 ストーリー ・ あらすじ 】

 アミティビルで、サメに襲われた女性の死体があがった。

保安官ブロディ(ロイ・シャイダー)や海洋学者(リチャード・ドレイファス)は海水浴場の閉鎖を進言するが、そこが市の収入源であるため、市長は耳を貸さない。悲劇はさらに起こり、ブロディたちはサメ退治に向かった。
 1975年に公開され、それまでの興行成績を大幅に塗り替えたメガヒット作である。

スティーヴン・スピルバーグが、弱冠27歳にして作りあげたサスペンス大作だ。

保安官ブロディをロイ・シャイダーが、海洋学者をリチャード・ドレイファスが、そして漁師クイントをロバート・ショウが演じている。

スティーブン・スピルバーグ監督が贈るホラー映画です。

この映画を作った当時、スピルバーグ監督は27歳だったというのですから驚きですねっ。すごい才能です。

アカデミー賞では編集賞、音楽賞、音響賞を受賞しています。

この『ジョーズ』のサメへの恐怖は、このときに植えつけられたように
感じるほど、強烈な怖さを誇っていた作品ですよね。
人が食べられていくシーンは、ホラーですもんね(汗。だらだら・・)
大阪のUSJにもこのアトラクションが有るそうですね。
ポスターもかなりインパクトがありました。

株式会社リトルグローブもUSJでジョーズのアトラクションに行きましたが、結構迫力もあって楽しめました。

皆さんも一度行っててみてくださいね。

日本ではホオジロザメ辺りのサメが人を襲うのかしら・・?
本来、サメは人をも襲うほどの種類は少ないそうですね・・。
アメリカの方では今でも、きっとカリブ海辺りの海域には、人をも襲うサメが居るんでしょうね。

皆さんも、サメには十分注意しながら夏のレジャーを楽しんでくださいね。

2011年8月 1日 (月)

アメリカの社会問題を取り上げた作品

こんにちは、株式会社リトルグローブです。

今日は、以前にも紹介したスパイク・リー監督の映画をご紹介します。

JUNGLE FEVER / ジャングルフィーバー

Photo

1991年 アメリカ映画

あらすじ
裕福な黒人青年と労働階級のイタリア系女性が恋に落ちた。しかし二人の関係は周囲には受け入れられず、家族からも見捨てられる。アパートを借りて誰にも邪魔されぬ生活を始めた二人だが……。

スパイクリーが人種問題を新たな観点から掘り下げた意欲作。

人種差別、階級社会、家族。どれも身近なv。

リー監督はそれらを無難に纏めることはせず、一つ一つを渾身の力を込めて描いていく
コミカルに見えたドラマはシリアスになっていく。
そして希望と絶望が悲鳴にも似た軋みを立てるクライマックスへと津波のように押し寄せる。
その過程で人種間の亀裂が曝け出される。

この映画が黒人と白人の恋愛を肯定しているか否かは重要ではないです。
リー監督が描きたかったのは、肌の色という強迫観念によって分断されてしまう社会の現実だと株式会社リトルグローブは思います。

時間を感じさせないテンポの良い展開は全編に流れるスティービー・ワンダー中心のブラックミュージックのノリの良さにも起因していると思いますね。

エンターテインメントの構成を遵守しながら、これ程の先鋭的な社会的テーマをメッセージしてくるスパイク・リー監督に拍手喝采。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー